妊娠中にサプリメントを摂取する場合の注意点

サプリメントで葉酸の欠乏を補うことが、妊娠している女性に勧められています。何か注意点はあるのでしょうか。妊娠している時にサプリメントを飲むという時には、事前に担当の医師に話をしておくといいようです。妊娠をすると、葉酸やビタミンのサプリメントがいいと言われています。ビタミンAは、たくさん飲み過ぎると体に悪影響になります。胎児に先天性奇形が発症するリスクがあることが、ビタミンAの過剰摂取にはあることが指摘されています。サプリメントでビタミンAを取り入れなければ、体内で過剰になる心配はないのではないかというイメージを持つ人もいます。実はビタミンA はレバー、乳製品、魚類、緑黄色野菜、フルーツなどの食品からも摂取できます。毎日の食事だけでも十分足りているビタミンAを、さらにサプリメントで摂取していると、あっという間に過剰になってしまうといいます。妊娠時に、ビタミンAのサプリメントを使うという時は、体に取り入れた量が多くなりすぎないようにすることです。妊娠中の母体が、過剰にビタミンDを摂取したために、胎児の歯牙形成異常が起きる可能性があります。また、水頭症や口蓋裂は、ビタミンKの摂り過ぎが背景にある場合があります。必要以上の栄養摂取をしないことが、妊娠中のサプリメントの使い方では大事です。

関連記事